community center dista

レギュラーイベントEVENT

2019年5月2月(木) 17:00 ~ 22:00

ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン個展「LOVE, FUCK & PRAY」

ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン個展「LOVE, FUCK & PRAY」

2019.4.17 (水)-5.12 (日)
コミュニティセンターdista 17:00-22:00 (月・火曜日休館)



この度、コミュニティセンターdistaは、ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン個展「LOVE, FUCK & PRAY」を開催致します。

ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン(22)は、ブリュッセルを拠点とするベルギーの写真家です。
現在、ベルギー王立芸術アカデミー(KASK)・写真専攻マスタークラスに在籍し、約1ヵ月間大阪に滞在しています。

彼の作品は、アイデンティティ、セクシュアリティ、そして今日の私たちの社会における愛について語っています。本展「LOVE, FUCK & PRAY」は2018年、東京に滞在したときに制作したポートレートシリーズです。

ヨナス曰く「西洋的な観点から見れば、アジアや日本の広告において女の子のセクシュアルなイメージがどのように表象されているかは知っているけれども、男性のセクシュアリティやゲイのセクシュアリティがどう表象されているかは分かっていません」。
それがヨナスにとって、コミュニティの中で、どのように表象されているかを調べはじめた理由でした。
さまざまな人と出会い、彼らを写真に収め、ヨナスとモデルとなった人たちの間には、数多くの親密な写真が生まれることになりました。

この機会に、その関係性とリサーチの成果を、是非ご覧ください。
皆様のご来場をこころよりお待ちしております。


JONAS VAN DER HAEGEN solo exhibition

LOVE, FUCK & PRAY

2019.4.17 wed-5.12 sun
Community Center dista 17:00-22:00 (Closed on Monday and Tuesday)



Community Center dista will hold Jonas Van der Haegen’ s solo exhibition "LOVE, FUCK & PRAY" .

Jonas Van der Haegen (22) is a Belgian photographer based in Brussel.

His work mostly talks about subjects like identity, sexuality and love in our society today.
His work ‘Love, fuck & Pray’ started in 2018 when he did an artist residency in Tokyo.

‘From a Western perspective we don’t really know how male sexuality or gay sexuality looks like in Japan on Asian culture , we only know the images of girls getting sexualised in advertising ’ says the photographer.
That was for him the reason to start a research on how the LGBTQIA + community looks like in Tokyo.
He started meeting with people and photographed them which result in a sea of intimate portrait between the photographer and his models.

You are very welcome to see the results.

ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン個展「LOVE, FUCK & PRAY」
ヨナス・ヴァン・デ・ハーゲン個展「LOVE, FUCK & PRAY」
PAGE TOP